生活保護の抜け出し方【職業訓練を受けて自立した人の話】

 

 

こんにちは、元ケースワーカーのニイヤンです。

 

一度、生活保護をうけたらなかなか抜け出せないのではないかと不安に感じている人はいませんか。

 

そこで今回は、実際に生活保護を抜け出した人の例を紹介したいと思います。

 

この記事を読むことで、生活保護を受給した人たちが、どのようなプロセスで生活保護から抜け出したのかを知ることができます。そして、この記事を読んだみなさんはきっと、生活保護を抜け出したあとの未来を想像できるようになっています。

 

生活保護の抜け出し方【職業訓練を受けて自立した人の話】

私がケースワーカー時代の話です。

 

働きたいという生活保護受給者がいました。そこで、私がハローワークに行くようにいいました。そしたら、職業訓練を受けることになったという報告をもらいました。職業訓練の内容はプログラミング(正確にはWEBデザインだったかも)でした。

 

期間は半年間。正直、職業訓練に通ってがんばろうとする生活保護受給者がほぼいなかったので、私はひそかに彼の支援に力を注いでいました。やはり、ケースワーカーも人間です。気に入られるとあつかいが良くなります。逆に、ひどい態度をとったりすると、あつかいが雑になったりすることも。

そして、私の期待通り、彼は6か月の職業訓練を終えました。学校で同じ目標をいだく友達ができたのでモチベーションが維持できたとのことでした。

友達をかんたんに作れるのが学校のいいところですよね。

 

学校を卒業するまでに就職することはできませんでしたが、学校を卒業してからすこしした頃にWEB系の会社から内定がでました。そして、3か月の間、仕事が継続できるか見守っていたのですが、いらぬ心配でした。それどころか、ひと月の収入が私の収入とほぼ変わらないまでに。この時点で、あと数年もしたら確実にわたしよりも稼ぐと確信しました。

 

以上が職業訓練に通い、生活保護から脱出した人のお話でした。

 

職業訓練ならプログラミングがおすすめ

生活保護からの脱出を考えているなら、職業訓練がおすすめです。

就職するのに必要な知識も身に付きますし、面接の対策までしてくれます。職種もWEB系だけではなく、介護、建築、事務など多種多様です。自分にあった仕事を探せます。

 

その中でも、私ならプログラミングの訓練を受講します。正確には、WEBデザインですが、プログラミングという解釈で大丈夫です。このプログラミングがなぜ、いいのかというと就職しやすいからです。

いま、プログラミング業界は非常に人手不足です。なので、当然ですが就職しやすいです。また、フリーランスとして働くことも視野に入れることができます。つまり、好きなときに好きな場所で働くことができます。さらに、多くのお金を稼ぐことも夢ではなくなります。

 

「私にプログラミングなんてできるわけない」と思っている人も心配無用です。だって、生活保護を抜け出した彼も何の経験もない状態でプログラミングの勉強をして就職していますから。そして、公務員の私の給料と同じぐらいの給料を稼いできました。

 

それでもプログラミングができるか不安という方は、テックアカデミーでプログラミングの無料体験ができます。どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。パソコンがある方はためしてみるのもありですね。

 

今回は以上です。

 

プログラミング業界を目指すのは今がチャンスです。フリーランスになって、月に100万以上稼ぐ人もごろごろいます。月100万かせげなくても、リモート(自宅)で働くこともできます。働きたいけど、自由に生きたい方はプログラミングの勉強をしてみてはいかでしょうか。人生がかわるきっかけになるかもしれませんよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事